Assistive Technology Programs

  • Ability Hub
    AbilityHub.com's purpose is to help users find information on adaptive equipment and alternative methods available for accessing computers. Ability Hub's founder is Dan Gilman, a certified ATP (Assistive Technology Practitioner) with RESNA.
  • Access Board
    An independent federal agency that provides the standards for Section 508 of the Rehabilitation Act, as amended requiring that electronic and information technology developed, procured, maintained, or used by the federal government be accessible to people with disabilities. The Board also provides information on the Americans with Disabilities Accessibility Guidelines (ADAAG) as well as other accessibility guidelines.
  • AgrAbility Project 
    The AgrAbility Project was created to assist people with disabilities employed in agriculture. The project links the Cooperative Extension Service at a land-grant university with a private nonprofit disability service organization to provide practical education and assistance that promotes independence in agricultural production and rural living. The AgrAbility Project assists people involved in production agriculture who work both on small and large operations.
  • Alliance for Technology Access
    Provides location information for the Alliance for Technology Access regional centers. The Alliance assists individuals with disabilities access technology, mainly through computer resources.
  • Association of Tech Act Projects (ATAP) 
    ATAP's mission is to collaborate with persons with disabilities and others at the national level to increase the availability and utilization of assistive technology devices and services for all individuals with disabilities in the United States and territories.
  • Breaking New Ground Resource Center 
    Provides information and resources on assistive technology for agricultural workers and agricultural worksites. In 1990, the Outreach Center of Breaking New Ground became a part of the USDA AgrAbility program.
  • Center for Assistive Technology (CAT) 
    CAT, housed within the School of Health-Related Professions at the University at Buffalo, conducts research, education, and service to increase knowledge about assistive devices for persons with disabilities. The Center works in four related areas: (1) research and development of assistive devices for education, employment, leisure, and daily living; (2) education for students, professionals, and consumers; (3) assistive device service provision; and (4) dissemination of information about Assistive Technology.
  • Closing the Gap 
    Closing the Gap's role is to provide information on microcomputer materials and practices that can enrich the lives of persons with special needs.
  • Consortium for Citizens with Disabilities (CCD) 
    CCD is a working coalition of more than 100 national consumer, advocacy, provider, and professional organizations working together with and on behalf of the 54 million children and adults with disabilities and their families living in the United States. The CCD has several task forces on various disability issues, such as Employment and Training, Developmental Disabilities, Health, Social Security, Long-Term Services and Supports, Telecommunications and Technology, and Rights, etc.
  • Cornucopia of Disability Information (CODI) 
    A wealth of information relating to disabilities including topics such as: aging;統計学; computing; Centers for Independent Living; and universal design. This site is based at the State University of New York/Buffalo.
  • CPB/WGBH National Center for Accessible Media (NCAM) 
    NCAMは、公共放送センター/WGBHボストンのセンターに拠点を置く研究開発施設であり、自宅、学校、職場、コミュニティの障害を持つ人々のためのメディアと情報技術の問題に専念しています。 NCAMの使命は、障害のある人々のための現在および将来のメディアへのアクセスを拡大することです。既存のアクセステクノロジーが他の集団にどのように利益をもたらすかを探ること。産業、政策、立法界におけるその構成要素を代表する。特別なニーズの学生向けの教育およびメディアテクノロジーへのアクセスを提供します。
  • ナショナルクリスティーナ財団(NCF)
    NCFは、米国中の非利益および公的機関に使用済みおよび余剰コンピューターテクノロジーの寄付を指示する慈善団体です。コンピューターテクノロジーとソリューションを提供して、障害を持つ人々、リスクのある学生、経済的に不利な立場にある人に、より独立した生産的な生活を送る機会を提供します。
  • DisabilityDirect.gov
    これはユニークな省庁間Webの取り組みであり、教育的および生涯にわたる学習機会を提供し、地理空間ロケーターテクノロジーを利用して、人々が自分のコミュニティでの大統領の新しい自由イニシアチブに関連するサービスを特定してアクセスできるようにします。
  • インターネット上の障害リソース
    このサイトは作成され、四肢麻痺のあるジムルビンによって維持されています。
  • do-itインターネットリソース 
    リソースは、一般的なリソース、教育、技術、法的、社会的、政治的問題など、多くのカテゴリにリストされています。
  • EPVA支援技術 
    Eastern Paralyzed Veterans Association(EPVA)は、2002年に支援技術のウェブサイトを立ち上げました。このサイトでは、車椅子とクッションに関する製品レビュー、および運転補助装置、転送装置、および運動装置に関する技術ガイドです。
  • ソフトウェアと情報への平等なアクセス(EASI) 
    EASIは、米国高等教育協会の関連会社である教育、学習、テクノロジーグループの一部です。 Easiの使命は、障害のある人のための情報とリソースへの同じアクセスを他のすべての人と同じように促進することです。
  • 連邦通信委員会(FCC) 
    1996年の電気通信法と、障害のある人々の電気通信と技術の問題に影響を与えるプレスリリースとレポートを含むFCCの障害者権利局へのリンクが含まれています。
  • インターネット上の国際障害資源センター 
    センターは、障害とアクセシビリティの問題に関連する分野でベストプラクティスを収集し、提示します。センターは、障害コミュニティに役立つ可能性のあるリソースを含む、障害関連のインターネットリソースを収集します。
  • ジョブ宿泊施設ネットワーク(1月) 
    障害者の雇用に関する米国労働省の大統領委員会のサービスであるヤンは、仕事の宿泊施設と機能的な制限のある人々の雇用可能性に関する情報を提供します。他の多くの結果データ統計の中でも、州が処理した事例、情報を要求する企業や組織の種類、およびADA関連の懸念に関する四半期レポートを発行します。
  • 国立支援技術研究所(NATRI) 
    ケンタッキー大学の特別教育およびリハビリテーションカウンセリング部門に拠点を置くナトリは、研究で行為を行い、理論と研究を実践に翻訳し、ATサービスの提供を改善するためのリソースを提供します。
  • 練習を改善するための全国センター(NCIP) 
    NCIPNETは、特殊教育と技術、支援技術、拡張および代替コミュニケーションに焦点を当てています。
  • リハビリテーション訓練材料の国立クリアリングハウス(NCHRTM) 
    このサイトから関連するドキュメントをダウンロードしてください。サンプルタイトルには以下が含まれます。支援技術:実用的な介入戦略。 ADA:トレーナープログラムをトレーニングします。職場の合理的な宿泊施設。
  • カート翻訳に関する国立裁判所記者協会(NCRA)
    CART(通信アクセスリアルタイム翻訳)は、「ステノタイプマシン、ノートブックコンピューター、リアルタイムソフトウェアを使用して、ラップトップコンピューター、モニター、または画面にテキストを表示する、音声を英語のテキストに瞬時に翻訳することです。」カートは、難聴のある人のためのコミュニケーションサービスとして最も頻繁に使用されますが、ノートテーキングサービスとしても使用される場合があります。 CARTのこのNCRAサイトには、記事、CARTの提供に関するガイドライン、およびCARTが関与する最近の法的決定に関する情報が含まれています。また、カートサービスプロバイダーのオンラインの全国的なディレクトリも含まれています。
  • 片手タイピング 
    無料ダウンロード、ハウツーマニュアル、セラピストなどに関する情報。
  • リハビリテーションサービス局、米国教育省
    リハビリテーションサービス局(RSA)は、身体的または精神障害のある個人が雇用を獲得し、カウンセリング、医療および心理的サービス、職業訓練、その他の個別サービスなどの支援を提供することにより、より独立して生活するのを支援する助成金プログラムを監督しています。
  • RESNA、北米のリハビリテーション工学および支援技術協会
    技術と障害に関心のある個人および組織のための専門社会。 RESNAは、すべての市民が最高の生活の質を達成できるように、リハビリテーションと支援技術に関連する知識と実践の開発、普及、および実践を支援することにより、科学的、文学的、専門的、教育活動を通じて公共の福祉に貢献します。
  • トレース研究開発センター 
    Trace Centerは、4つの主要な分野でよりアクセスしやすくすることにより、障害のある個人に利益をもたらすことができる技術を改善することを目的とした研究を実施しています。コントロール;コンピューターアクセス;次世代のコミュニケーション情報とトランザクションシステム。
  • 車椅子
    車椅子は、消費者、臨床医、メーカー、研究者、資金提供者など、車椅子に興味のある人々の幅広いコミュニティのための継続的に開発されているリソースです。ライフスタイル、車椅子技術、研究開発、議論、製品、業界の製品基準、資金、サービスなどのリソースが含まれています。
  • ワールドワイドウェブコンソーシアム(W3C) 
    国際産業コンソーシアムであるW3Cは、1994年10月に設立され、その進化を促進し、運用性を確保する共通のプロトコルを開発することにより、World Wide Webを最大限に導きました。 W3Cには、Webサイトのアクセシビリティに関するガイドラインを提供するWorld Accessibilityイニシアチブも含まれています。
  • Webの解明:障害情報をどこに向けますか? 
    一般的な情報リソース、障害法、雇用リソースなど、多くのカテゴリのWebサイトをリストしています。ウェストバージニア大学の国際障害情報センターで、元研究教授のスティーブン・フルマーが編集したリソース。

  • 国際的なサイト
    • ヨーロッパの支援技術の進歩協会(AAATE) 
      アーテの使命は、「高齢者を含む障害者の利益のために、支援技術の進歩を刺激すること」です。 AAATEの目標は、支援技術の認識を生み出すことです。支援技術の研究開発を促進するため。たとえば、会議を手配することにより、支援技術の分野内での知識交換に貢献する。情報の普及を促進する。
    • インターネット上の国際障害資源センター 
      センターは、障害とアクセシビリティの問題に関連する分野でベストプラクティスを収集し、提示します。センターは、障害コミュニティに役立つ可能性のあるリソースを含む、障害関連のインターネットリソースを収集します。
    • 日本のリハビリテーション工学協会(RESJA) 
      日本リハビリテーション協会(RESJA)は1986年3月に設立されました。RESJAは、リハビリテーションプロセスにおける科学技術の適用に関係する組織です。会員には、リハビリテーションの専門家(エンジニア、医療スタッフ、障害者の子供の教師など)、プロバイダー(メーカーとディーラー)、および消費者が含まれます。 Resjaは、これらのグループ間の相互理解を促進し、リハビリテーション工学の適用から利益を得る障害のある人々の実際のニーズを理解し、サービスを提供します。 Resjaのメンバーシップはほぼ1000人で、成長しています。

Donate - Projects that Need Support

1 4